山口もえさんのいじめに関する発言が炎上

山口もえさんのいじめに関する発言が炎上してますね。

タレントの山口もえさんが8月29日に自身のオフィシャルブログ「nature~もえ’s Blog~」を更新し、前日の28日に放送された「ザ! 世界仰天ニュース」(日本テレビ系)での発言を「言葉足らず」だったと謝罪しています。

 ゲスト出演した同番組内で山口は、とある女子学生が受けたいじめ被害に関するVTRが流された後に、「人生が90歳までだとすれば中学の3年間は90分の3年。
人生長い意味で考えたら、この時間すごく辛いけど頑張ろうと思える。
辛いだろうけど、それも一瞬」とコメントし、いじめに悩まされる学生にエールを送るも、一部視聴者から「長い目で見ることは学生にはできない」などの批判がSNSへ上がっていた。

それに対して後日ブログ内でお詫びしています。

もえさんはブログ記事内で「言葉足らずで真意が伝わらなかったことをお詫びいたします」と書き出し、
「いじめにあっている間はずっと真っ暗なトンネルの中にいるようで一瞬の出来事も長く感じ辛かったと思います」
「彼女(VTR内の女子学生)のいじめられた3年間をほんの一瞬だと言いたかったわけでは決してありません。辛い経験を乗り越えたのちにその期間も長い人生の中で見るとほんの一瞬だったんだなと思えたら心が少しでも楽になるのではないかなと思っての発言でした。ただその瞬間を乗り切れる人ばかりではないと言う事をうまく伝える事ができませんでした」と説明。
“いじめを乗り越えてほしい”と願うコメントを述べる際に、“乗り越えられる人ばかりではない”という現実を付け加える必要があったと振り返っている。

テレビというメディアの性質を考えるとこのような長いコメントは実際には言えないでしょう。
その場でパッと話を振られて短い言葉で返す。
それができる人がタレントとして重宝されるんでしょうね。

私的に一番引っかかったのは「人生が90歳までだとすれば中学の3年間は90分の3年」というコメント

SNSの批判でも学生はそうは考えられないとありますが、90年生きた人しかこの感覚は持てないですよね。

というより90年生きた人でも学生時代の3年は90分の3ではないのは感覚的にわかると思います。

仮に中学一年生から中学三年生の13~15歳とすると
その子にとっては15分の3なわけで、記憶があるのが3歳からだとすれば12分の3
つまり人生の1/4の期間いじめられている感覚がある。
もえさんの発言の90分の3と比べると7.5倍の開きがあります。

人は相手のことを考えれているようで実際はなかなか難しいです。
今回のように軽く考えたり、自分と共通点があると重く捉え過ぎたり
どちらも良くないと思うのです。
重く捉えすぎると自分の悩みになってしまいます。

そんなときは数字に置き換えるとバランスが取りやすいです。
芸術として発散できる人もいますが、そんな才能がある人ばかりではないですよね。

むしろ芸術作品に仕上げる段階で感情を理論的に組み立てたり、表現するものの大きさや音楽や映像であれば時間の長さなどを相手に伝わりやすいように数値化しないといけません。

映画監督の北野武さんは映画は数学だと言う発言があるほどです。
相手に伝えるには無駄を剃り落としつつも最大公約数的な表現にする必要があるということでしょうか。
確かにたけしさんのコメントは短くても的確なことが多いですよね。
かといって凡庸ではない。
瞬時に、このような表現ができる人は限られているでしょう。

亡くなりましたが関西で有名な、やしきたかじんさん がそのような話しぶりをする方で、難しいことを分かりやすく解説される方でした。
そういえば、山口もえさんも彼の番組に出られてました。
たかじんのそこまで言って委員会ですね。

山口もえさんは他の出演者が難しい話をするのなか、フッと抜けたことをいって和ます役割でした。
もし今回の発言を たかじんさんがいれば「なにゆうとんねん」ですましつつ批判をかわしたような気がします。

何故か、たかじん の話になってしまいましたがw、まとめると瞬時に発言する必要のあるテレビ番組にマジコメントを期待するなということですね。
そして大事なのは中学生にとっていじめの期間は大人が思うより遥かに長いということ。

いじめにより受けたダメージを少しでも軽くするために私達がいると思っています。
過去の傷と正確に向き合い、今の生活を充実させることができると良いですね。