伝えたいのに伝わらない。。。

あなたは、

どんなときにも、

いろんなことを他の人に何かを伝えながら

生きていますよね?

でも、

結構ここにきてくれる理由に、

「伝えたいのに、うまく伝わらない」

からというものがあります。

では、なぜ伝わらないのか。

それは、けっこう単純で、

伝えたいこと、と

伝わること、の違いを知らないからなのです。

私が講演会とかで今までに良くお話をすることですが、

まずおさえておいてほしいのは、

「伝えたい」のは、『あなた』で、

「伝わったことを理解する」のが、『あいて』だということ。

何がいいたいの?って?

人が違うんです。

伝えたいと思っているのは、当然あなたで、

あなたが考えていることです。

それをキャッチするのは、

相手の方で、

あなたとは、もちろん別人です。

ですので、あなたの頭の中のまま、

相手に伝わるということは、

ほとんどありません。

なのに、ほとんどの人は、

まったくそのまま伝えようとしてしまいます。

あなたが考えたり、思ったりすることを

あなたとは違う相手の人に理解してもらう。

それが成立してこそ、

『伝わった』ことになります。

なので、この理屈をまずおさえたうえで、

違う人にあなたの気持ち、考えを伝えるには、

どうしたらよいかということを

考えたらいいのです。

そして、

その中で、一つスパイスになるのは、

さっき書いてあるのですが、

「うまく」伝えようとしすぎないことです。

どういうことかは、

また別の機会にお話ししましょう。

オンラインカウンセリング広場 あ☆らいぶ のカウンセラーは、

「聴く」技術と、

この「伝える」技術に非常に精通した方ばかりです。

今伝えたいのに、伝えきれていないあなたの

きっと最良のパートナーになってくれます。

一度、相談してみてはいかがですか?

初回無料相談会実施中です。