サンドイッチの法則が記憶を左右する??

こんな見出しで始まっても、なんのことやら解りませんよね?

私たちはみんな、

生活の中で、いろいろなことを記憶していきます。

今日、何を買って帰って、晩御飯にするのか、

来週、誰と会って、どんなことをしたいのか。

みなさんも、毎日、考えて覚えていますよね?

覚えるというのは、難しく言うと、「記憶」です。

当然、かなりの量の情報や考えを、日々記憶して、

私たちの生活は営まれているんです、

そこで!!

題名の法則の話をすると、

人間は、今まで(過去)の経験や、考えていること、

見聞きしたこと(見聞)などを参考に自分自身の言動を考えて実行します。

平たく言うと、

前に告白した相手に振られたという経験が記憶となっていると、

次には、その人に告白した方法と同じことをしたら、ダメだという

判断をして、違う方法でやろうとします。

ひどくなると、失敗した経験の記憶がなかなか消えず、

怖くなって、告白をすること自体をやめてしまいます。

それを、心理学では、トラウマと読んでいます。

この、トラウマというのは、やっかいなもので、

失敗した記憶は、鮮明に頭に残るので、

積極性すら奪ってしまいます。

ですが、考えてみてください。

もし、何かをして、失敗して、その次工夫して成功して、またやってみると失敗したとします。

あなたの「記憶」は、成功をイメージしますか、失敗をイメージしますか?

ほとんどの人が、失敗をイメージしてしまうでしょう。

もし、成功して、失敗して工夫して、成功したとしたらどうですか?

きっと、成功をイメージして、また次にもやってみようという、積極的なプラスの

イメージで終わるので、またやってみると思います。

これを、私は「サンドイッチの法則」と呼んでいます。

一番最後の記憶が、人のイメージを左右するのです。

ですので、私はいつも言っています。

最後のイメージを成功で終わらせるまで、

やり続けると、良い結果がえられるよって。

そうなんです。

諦めずに最後が成功するまで

自分のやりたいことが出来るまで

何度でもチャレンジするだけなんです。

カウンセリングは、そのチャレンジのときの

注意ポイントなどを

お伝えするので、

一緒に「出来た!!」までやっていきましょうね。

あ☆らいぶのカウンセラーは、

そういった、成功記憶を積み重ねることが、

問題解決の早道になったりもします。

一緒に成功体験を増やして、

記憶を操れるようにしていきましょう!!

あ☆らいぶのカウンセラーは、

心の手当の方法や、記憶をコントロールする方法など、

たくさんのパターンを知っている者がいっぱいいます。

「記憶をコントロール出来るようになりたい!!」

って声を掛けてくださいね!!