具体的になにごともすると良い?

こんにちは、引きこもり解決坊主こと、

あらいぶ代表カウンセラーの蓮です。

カウンセリングを受けてたとき、

問題の改善のために、

必ず「行動計画」を立てますよね?

その行動計画の立て方で、

気を付けてほしいポイントがあります。

 

それは、

“具体的に書き出して、具体的にやること”

です。

具体的にとは、どういうことでしょうか。

問題を改善する、

例えば、

「人の目を意識しないようにしたい」

という問題解決をしたい方は、

どうしても、

“他人は他人と思う”

とか、

“自分のことを一番に考える”

など、

一見、具体的に見えて、

抽象的な方法を実行しようとしています。

これを、

具体的に置き換えると、

“人の目が気になったときに、何が気になって、どうして気になったか、ノートに書き留める”

こうすると、“気になったとき”と“気になった理由”が具体的に残っていきますから、

後から見返して、

その対策を考えるときに役立ちます。

ですので、

みなさんも、

具体的に何事をするときもやってみてくださいね。

もちろん、

カウンセリングでは、

具体的に考えることや、

どうしたら具体的に行動することになるかなど、

より専門的に聞くことが出来ます。

あ☆らいぶのカウンセラーに、

どんな些細なことでも、

聴いてみてくださいね。