どんなカウンセラーが良いカウンセラーなの?

私を含め、カウンセラーを職業としている人は、

いつも、利用者にとって、

良いカウンセラーでありたいと思っています。

 

今までも、カウンセリングの研修や、

カウンセラーになりたい人向けの学校などで

“どんなカウンセラーが良いカウンセラーなのか?”

ということは、よく出る話題です。

 

一般的に

カウンセラーは、

人の話を聴くのが上手だと

思われているのではないでしょうか。

 

ところが、

現場はそんなこともないんですよ。

どういうことかというと、

日本ではつい最近、カウンセラーを国家資格にすることが

決まりました。

 

ですので、私を含め、

日本で今カウンセラーをしている人に

国家資格を持っている人はいません。

 

ということは、どういうことか。

それは、

カウンセラーの実力も知識もバラバラだということです。

 

ですので、

みなさんがカウンセラーといえば

こんなことは出来て当たり前だろ言うということが

当たり前じゃなかったりします。

 

そんな中で

良いカウンセラーを選ぶときに

参考にしてもらいたいことがあります。

 

まず第一に、

カウンセリングというのは

何をするのかということを

わかるまでちゃんと説明をしてくれる人。

実は、カウンセリングというものは、

症状を治してあげるということや

悩みを取ってあげるということは

お医者さんではないので、出来ません。

実際には、

治してもらえるんだと思っている人がかなりいます。

 

そして、

次のポイントです。

利用されるあなたは、

どういうことに困っていて、

どうしたいのか。

それに対してカウンセラーが

どのような仮説(見立て)をして、

これから何をどうしていくのかということを

これもしっかりと説明してもらえる人です。

 

各カウンセラーには、

それぞれ専門分野というものがあります。

その分野でどれだけの知識・経験を積んできたかということも

大切ですが、

利用する側のみなさんが、

これからどうしていくのかが

わからなければ、

しっかりとしたカウンセリングは成立しませんし、

良い結果も得ることはできないのです。

 

そして、一番のポイント。

そのカウンセラーは、

あなたの話をしっかりと

聴いてくれるのかというポイントです。

 

当然カウンセラーは

あなたの悩みや困りごとを経験してはいませんので、

すべてあなたの話を教えてもらわなければなりません。

ですので、

あなたは自分のこれまでの経験で困ったことや悩みを

一生懸命に説明をするでしょう。

 

その話を、

正確に理解をしているか、

正確に理解したことをあなたに説明できるか

というポイントをあなたもよく見てください。

 

そこでの行き違いがあったら、

あなたがなりたい自分になれないので、

わかってもらえるまでお話をすることも必要ですし、

わかってもらっているかを常にチェックすることも大切です。

 

チェックされることを嫌がるカウンセラーは

決して良いカウンセラーとは言えませんよね。

 

あ、追加でこれだけは知っておいてください。

カウンセラーは完ぺきではないので、

間違えることも、理解しきれないときもあります。

そんなとき、ちゃんと

“謝る”ことができるカウンセラーは、

良いカウンセラーといえます。

実績が大きかったり、

肩書がすごかったりしたとしても、

“ごめんなさい”と言える人は、人としてしっかりしているので、

カウンセリング自体もしっかりとしていると思っていいでしょう。

“申し訳ない”とか“遺憾に思います”とか、

“謝罪してお詫びします”など、

小難しく表現するようなカウンセラーは、

あまり正直だとは言えません。

間違ったときは、ごめんなさい。

これは、小学生以下の子どもでも

教えられていることなので、

それが素直に言える人かどうかも、

そっと見ておいてもいいかもしれませんね。