不登校:10代後半 男性

カウンセリングシステムアライブのロゴ

私が学校に行かなかったのは、親の不仲が原因でした。
でも、いろいろ考えて、
一生懸命親に訴えても、学校に行かないことと、
親の不仲は何の関係があるんだ。
自分が怠慢なだけだろと一蹴され、
傷ついてきました。

ここのカウンセリングを受けて、
自分の伝え方にも問題があったと思うし、
親にも抱えている問題があって、
それらの関係性を修復しなければ、
ならないことがわかりました。

今は、親が仲が悪くても、
自分のしたいことのために学校へいけるのではないかと思ってきています。
親子関係の修復には、
まだまだ時間がかかりそうですが、
ここの先生がいるので、
一人ではないと思えて、
これからもやっていけそうです。