不登校:10代前半

カウンセリングシステムアライブのロゴ

私は、ここのカウンセリングを受ける前、
自分が学校に行かないのがいけないだけで、
自分が悪いのだと思っていました。

でも、先生と話をしていると、自分が学校に行くことよりも、
自分がどうしたいのか、それを見つめることの重要性に気づかされました。

結局、自分にとって学校とは、いやな思いをしにいくだけだと気づき、
そのいやな思いをしなくて済むために、
自分ができることは何かを一緒に考えてくれたことで、
なんかすっきりしました。とても悩んだけど、
話を聞いてもらうことがとても大切だと実感しています。